teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


(無題)

 投稿者:武内浩輝  投稿日:2017年 6月22日(木)00時05分59秒
返信・引用
  名前: 48代 武内浩輝
日時: 2017年 6月21日(日)
天気: 雨 風速5~8m/s
内容:今週は雨が降りつつもいい風の中練習に参加できました。K16の船で帆走練習自体がまだ数えられるほどしか乗れていないのですが、船の大きさとヒールの強さに改めて驚かされました。また、ヨットどころか運動自体をあまりしていなかったためか自分の体が思うように動かず、体力もなくなっていることを実感させられました。今後この船になれるとともに練習を重ねよりヨットを楽しむことができるようになりたいと感じました。これからよろしくおねがいします。
 
 

(無題)

 投稿者:今泉拓巳  投稿日:2017年 6月22日(木)00時00分9秒
返信・引用
  1)記録者  47代  今泉拓巳
2)日時: 2017/6/18(日)
3)天候: 曇り・雨 ~8m/s
4)乗員: 1087 島田
5)内容: 強風の中での練習でした。西間さんの仰る通り、反省すべきところがたくさんありました。強風の中でテンションが上がり、調子に乗りすぎたと思います。人命にかかわるスポーツだということを肝に銘じておかなければいけません。強風時のジャイブはまた詳しく教わりたいです。何回もジャイブで沈しました。テンダーやK16の近くにいなかったのも反省点です。万が一を考えて行動したいと思いました。
6)特記事項:特になし
7)メンテナンス:特になし
 

乗艇日誌

 投稿者:高岡 葵  投稿日:2017年 6月21日(水)23時09分18秒
返信・引用
  名前: 48期 高岡 葵
日時: 2017年6月18日(日)
天候:曇り/雨 20 5~8m/s
内容:
今回もトラピーズをしました。前よりはスムーズに海に出ることが出来るようになったかなと思います。タックする時に足を滑らせてヨットの中に入り、トラピーズリングを外しつつ、ジブシートを持ち変えてブームをくぐるという一連の動きを素早く出来るようにしていきたいです。
【学んだこと】
・ジブシートを上手く外すには上に勢いよくあげる。
・スピンポールの取り付け方。
【反省点】
・沈した時の対処法が分からなかったこと。そして指示された通りにヨットに戻れなかったこと。
・西間さんのおっしゃる通り、もう少し先輩方のお手伝いをすべきだったと思います。今度からは積極的に行動します。
【次回への目標】
・素早くタック出来るようにしたいと思います。
・艤装の仕方を覚える。
・ヨットの各部名称を覚える。

次回もよろしくお願いします。
 

(無題)

 投稿者:島田 拓実  投稿日:2017年 6月21日(水)20時20分34秒
返信・引用
  名前 : 47代 島田拓実
日時 : 2017 6/18 日曜
天気 : 晴れ 20  5~8m/s
内容 : まず始めにヨット部入ってから初めて経験する位の強風の中のヨットで、かつ学生挺で、メチャクチャ興奮して、メチャクチャ調子に乗りすぎました。西間さんのご指摘、受け止めてこれからやっていきます。

そして本題に入りますが、冒頭述べたように、初体験の強風でした。クローズで走ってると、風向きがすぐ変わり、なかなか安定させるのが難しかったです。今回、もっとも記憶に残ってるのは、強風ジャイブの難しさです。
この日にやった5,6回全ての沈は、ジャイブのあとでしたし、ブームが外れたのも、ジャイブのあとでした。でも、どうしたら、沈しないでジャイブできるか、逆に楽しくなってきてやりまくってたら、クォーターから、デッドランの状態で少し待って、メインシートを手で返したところ、上手くいった例が何回かあり(風も少し弱くなっていましたが)、いきなり向きを変えるのでなく、それぞれの向きで3秒くらい維持してやると、良いのかなって思いました。

あとは、ブームが外れた件に関しては、バングがゆるゆるで、ブームが上がるのを抑えていなかったこと、また、この日にやり忘れたってわけじゃないので仕方がないですが、ブーム本体をマストに結んでなかったことが原因だと考えられます。どちらも、いつも意識してないところでした。強風で、海に出て問題が起きて初めて分かりました。このように、失敗しないと気づかないことが沢山あると思うので、これからも、がんがんtryしてこうと思うのですが、そのためには、問題が起きたときに助けて貰えないともとも子もないので、仲間の船、テンダーから離れすぎないように、心がけます。
ありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:13代 西間  投稿日:2017年 6月20日(火)21時36分5秒
返信・引用
  日曜日は反省会に出なくてすみません、そこそこ強雨の中全員無事でよかったです。
大小いくつかの反省点があったと思うので記載します。

○1087が岩場に接近してトラブっていたこと。近くで見ていないので距離感はわかりませんが。
岩場に波でたたきつけられると、艇の大破はもちろん、人員生命が危険です。
乗員2名の自己責任だけではすまなくなり、レスキューに行ったOGの安全も脅かされ、
万が一の事があればコーチの責任も追及されます。走行不能な状態の場合
レスキューが近くにいなければどうにもなりません。
危険は未然に防ぐことが重要だという事を全員肝に命じてください。

○これも1087ですが、着艇時のメインセール降ろしはもっと早く、
余裕のある場所で行い、すぐに湾内に向かってください。
風が西寄りだったのと、愛子さんの機転でレスキューが近くにいたため、
何とかなると思いましたが、
風がもっと北寄りで、レスキューが近くにいなかったら、岸壁に打ち寄せられていたと思います。
ジブだけで風上に走ることやタックすることは不可能だと思ってください。

○これは私の課題ですが、息子とスピン3枚張り(3面チャン)でオーバーヒール沈しました。
クルーがトラピーズに出てスピードがついた時にスターンが浮いてラダーが効かなくなりました、もっと後ろに乗るべきでした。
沈したのち、完沈しなかったのは良かったのですが、
息子にメインやスピンハリヤードのカムを切る必要性を教えていなかったので、
カムを切らずに二人でセンターボードに乗ったところ、艇が起きそうになりながら
半沈状態で走ってしまい、息子がセンターボードに乗れずに引きずられました。
彼が必死にガンネルしがみついて艇から離れなかったので良かったですが、
艇から離れて、テンダーが近くにいなかったら危険な状態でした。
半沈の安定状態で落ち着いて、カムを切るなど対処するべきでした。

○出艇時1022のスピン艤装が違っていましたね、とても恥ずかしい光景でしたが、
それだけではなく、治すために大切な練習時間を浪費したことと思います。
艤装チェックを怠りなく。

○全艇もっと近づいて走るべきでした。離れた艇が中に入ることを心がけましょう。
個々の練習の都合上もっと上りたい、もっとスピンを張りたいなどあると思いますが、
安全が一番です。主将艇はなおさら心がけてください。

○最後に細かいことですが、片付け時に大雨が降って、着替え済だった芳賀くん、高岡さん、
息子に私が片付けを手伝わなくていいから濡れない所で待っているように言いました。
あの状況ではしょうがないと思いますが、本当は手伝うべきですね。
息子が二人が手伝わなくてよいか気にしていたと言っていたので、安心しました。
その気持ちは大切にしてください。

説教臭くなりましたが、以上です。
 

(無題)

 投稿者:芳賀亘峻  投稿日:2017年 6月20日(火)14時40分45秒
返信・引用
   ヨット練習のご指導ありがとうございました。非常に荒れた天気で、沈する船続出でしたね。けれど私は落ちませんでした。だから、沈に対する恐れは人一倍あると思います。ヨットは命の危険に関わるスポーツというのも分かりました。しかも自然相手に行うスポーツだから、人間としての感覚が研ぎ澄まされるような感じがありますね。ヨットに乗るうえで、私に必要なのは威勢です。もっとヨットを楽しむこと・学ぶことを自分で作っていくべきです。威勢があればこそ技術も身についていき、ヨットマンになれる日もそう遠くはないと思います。
 さて、タックをおさらいします。一回外したジブシートですが、カムに再び掛かってしまいました。それはシートを上に放つのが有効らしいです。そこが次回の目標です。とにかくトラピーズリングを外す、前を見ながらブームをくぐるなどの動きをそつなくできるようにしたいです。
 今のところ不安な天気ですが、林杯楽しみにしています。お願いします。



 

Re: (無題)

 投稿者:OB会吉田(6)  投稿日:2017年 6月16日(金)12時33分40秒
返信・引用
  > No.511[元記事へ]

13代 西間さんへのお返事です。

> 芳賀亘峻さんへのお返事です。
>
OB会吉田です。司馬遼ファンがいてなにかうれしいです。
私は、だいぶ前ですが、真冬に大連から旅順に行き、203高地に登りました。ロシア軍の塹壕や、水市営の棗の木など、いまごろ残っているはずのないものが、残っていました。(あるいみ、中国ってすごい)
 世代の違う先輩、後輩が共感できるって、クラブって凄いし、続けていって良かったと思う今日この頃です。
 現役、後輩のみなさん、一度は坂を下りましたが、新たな坂の上の雲を自分なりに目指して頑張ってください。
 

Re: 上程日誌

 投稿者:13代 西間  投稿日:2017年 6月15日(木)20時11分23秒
返信・引用
  13代 梅村さんへのお返事です。

良いと思います。
 

Re: (無題)

 投稿者:13代 西間  投稿日:2017年 6月15日(木)20時10分3秒
返信・引用
  芳賀亘峻さんへのお返事です。

私も坂の上の雲、大好きです。
戦艦三笠には行きましたか?私は松山にも行きました。
 

(無題)

 投稿者:鈴木菜月  投稿日:2017年 6月15日(木)00時00分24秒
返信・引用
  1)記録者  47代  鈴木菜月
2)日時:2017年6月11日(日)
3)天候:くもり 3~5m/s
4)乗員:1087 島田
5)内容:初めて同学年と一緒に乗ってスキッパーの練習をしました。風が弱く、落ち着いて走らせることができたのでテルテールをしっかり見てティラーの操作ができました。
(反省)
・テルテールは見えている側がなびいていなかったらティラーを引く、逆に見えていない側がなびいていなかったらティラーを押す
・タッグした後にスピードが落ちて上手く走らせることができないときは、一回ティラーを引いてからメインが一瞬張ったところでティラーを押し始める
また、レースのスタートの練習もしましたが。スタートの瞬間にスタート位置にいることが全くできませんでしたが、どこをどう走っていけばいいかという感覚はつかめたので忘れないようにしたいです。
 

レンタル掲示板
/52