teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


菅野美穂

 投稿者:1000とちひろ  投稿日:2017年11月12日(日)23時48分56秒
  キムヒソンのドラマ最近見たけど年とらないね。
一時菅野美穂と似てるといわれたが今はもう似てないかな。

ケータイで画像切り取りするアプリ使ったことあるけど
画像を拡大して輪郭をなぞる作業、結構大変でした。
一昔前のデジカメについてきたフリーソフトが使いやすかったがどこかに消えた。

ほんとに北からミサイル飛んできそうで怖い。

https://www.youtube.com/watch?v=PArycZIUA_4

 
 

わ!

 投稿者:わし  投稿日:2017年11月 6日(月)19時19分22秒
  バージョンが変わると使い勝手がよかったソフトが使えなくなり
特に切り取り方が難しくなる・・・

菅野美穂ですよあれ
70年代が舞台の韓国ドラマは時間があるから
お決まりの流れはあっても不自然さそんなにないな

朝ドラは、15分枠で、なんだかつまみすぎて
なんでそこスルーなの?

あと版権ケチりすぎて気持ち悪かった
バクモンの太田さんが、ビートルズの鼻歌すら歌わない
DVD化を予定か?とか
冬ソナの版権もクリヤーできてるのにな


関西電力の佐々木蔵之介の過去映像との合成がよっぽど( ・∀・)イイ!!








 

(無題)

 投稿者:1000とちひろ  投稿日:2017年11月 1日(水)18時58分43秒
  ドラマファンの掲示板のコラは菅野美穂ですか?
じわじわ来ました。
ミサイルのやつが特に。
画質は多少低めのほうが味わい深いと思います。
 

でてこいや

 投稿者:わし  投稿日:2017年 1月15日(日)06時10分3秒
  先輩とどこで会うかわからん?


あったことないぞボケ







なんでも決めつけ
むかつく
 

おい木下浩明

 投稿者:わし  投稿日:2016年12月 3日(土)07時41分48秒
  お前の友人の、つまり同じクラブのOBの宴会の誘い
参加するなって、あれなんや



やましいことでもあるんか







ややこしいせこいことすんな








あほぼけ
 

中西ぼけ

 投稿者:わし  投稿日:2016年11月 9日(水)23時21分10秒
  なんで怒鳴ってばっかりや


あほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほ










あほあほあほあほあほあほ







ひとりで飲んでた










あほあほあほ








しょーもないつきあいするからや





あほあほあほ
 

いつ代議士なるんじゃ木下浩明

 投稿者:わし  投稿日:2016年10月31日(月)07時42分20秒
  もう30年以上たってるぞあほ
えらそーに言うたわりには音沙汰ないのう




夢ばかり見ててはいけないんだよ




夢見とるんは、お前やろがあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほ










なんか言うてみい










あほあほあほ
 

(無題)

 投稿者:わし  投稿日:2016年 9月28日(水)15時19分46秒
  きちがい  

あほあほあほ

 投稿者:あほあほあほ  投稿日:2016年 9月15日(木)06時17分5秒
  木下浩明いつ代議士なんねんあほ


もう30年たってるぞあほ









梅田なんかめったにいかんぞ






あほあほあほ






なにがこそこそ隠れる人生やあほ
 

あほ

 投稿者:わし  投稿日:2016年 6月 4日(土)12時51分4秒
編集済
  小林茂樹あほんだら

人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ





人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほ小林茂樹あほんだら

人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ





人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズ人間のクズあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほあほ
 

レンタル掲示板
/31