teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「ララランド」観ましたよ!

 投稿者:のむら  投稿日:2017年 3月 1日(水)22時37分37秒
  ジョーさん。
「ララランド」、良かったですよね~!若い人から大人まで楽しめると思います。デートにもピッタリですよね。
僕も最初は「XXX」を観ようと思っていたのですが、「本当に今観たいものを」と考えて「ララランド」を鑑賞することにしました。
アカデミー賞とのタイミングもバッチリでしたね。

まかれなさん。
僕も「ララランド」の曲、前奏あたりがマツケンサンバっぽいな~、と思ってたんです。
みんなそう思ってたんですね~。「ララランド」の方はサンバじゃないのに不思議です。
アジスさんのイベント女性は、抱いてる女性だったんですね!一緒に海外まで来てるんだから、そりゃそうか~。納得~。
 
 

アジズさん

 投稿者:まかれな  投稿日:2017年 3月 1日(水)18時23分45秒
  アジズさんが書いた「当世出会い事情」という本が、
日本語に翻訳されていて、読み終わったのですが、
イベントを手伝ってた相手は、どうも彼女っぽいです。
料理人の彼女だそうなので(どうでもいい情報)

ところで、ツイッターで話題になってるのですが、
『ラ・ラ・ランド』×マツケンサンバ、あまりにも
音と映像がシンクロしていて、こっちが公式なんじゃないかと
思ってしまいます。凄い。中毒性あります。

http://twittermatomebox.blog.jp/archives/13923739.html
 

LA LA LA のLA

 投稿者:JOE  投稿日:2017年 2月28日(火)18時13分44秒
  XXX観ようと思ったけど、先にLA LA LAND観たくなったので観て来ました。 軽いタッチのミュージカルで何か古き良き時代のハリウッド作品を感じさせる素晴らしい作品でした!カップルは勿論そうでない人にもお薦めいたします。★★★★★!!  

へ~日本に来てたんだ

 投稿者:のむら  投稿日:2017年 2月23日(木)19時44分53秒
  まかれなさん。
いろんな情報をありがとうございます!まずはアジズとかいう人、今日本にいるんですね!
しかも友達の手伝いとは、良い人っぽいですね~。よく通りかかる店ですが、仮に見かけても誰だか分からなそう~。
他のほとんどの日本人客も、きっと彼がスターとは思わなかったでしょうね。
ネットフリックス内で「マスター・オブ・ゼロ」とかのタイトル画面はよく見てますが、なかなか再生までは・・。
機会があったら観てみます。
 

偶然

 投稿者:まかれな  投稿日:2017年 2月23日(木)18時13分54秒
  アジズ・アンサリ、今日、日本にいたみたいです。
東京の紀伊国屋書店に友達のイベントを手伝いに来たとか。
ツイッター情報です。凄い!

https://twitter.com/Kino_Yosho/status/834656852063326208

 

アジズ・アンサリ

 投稿者:まかれな  投稿日:2017年 2月23日(木)10時36分31秒
  先日はありがとうございました。

せっかくネットフリックスに入ってるんだったら、
のむらくんもIさんも名前を覚えてなかった、インド系アメリカ人の
コメディアン、アジズ・アンサリのドラマかスタンダップを
観て下さいよ! 面白いから!

ネトフリのオリジナルドラマ「マスター・オブ・ゼロ」はエミー賞をとってますし、
スタンダップの「アジズ・アンサリ マディソン・スクエア・
ガーデン・ライブ」は5000人収容できるスタジアムを
1人で満杯にしてるんですから!

映画だと「ピザボーイ 史上最凶のご注文」でジェシー・アイゼンバーグの
友人役を演じてます。のむらくんの描いたエイミー・シューマーの
ブログ記事の中で、マイルド・ヤンキーとコメントされてる写真の
後ろの方に写ってる人が、アジズです。
見た目地味ですけど、メジャーな白人男性よりも
繊細な感性の持ち主で、面白いです。是非!
 

ウタダグールさま

 投稿者:のむら  投稿日:2017年 2月11日(土)16時43分46秒
  夜中に長文のご指摘をいただきまして、お手数おかけしました。
またご配慮をいただきましてありがとうございます。
大変参考になり、素早く対処することができました。
今後も何かありましたら、遠慮なく教えていただけると幸いです。
 

殺人を無罪にする方法の記事について

 投稿者:ウタダグール  投稿日:2017年 2月10日(金)00時23分51秒
  初めまして。
以下の記事を拝見して、応答したくて辿り着きました。
https://kaigai-drama-board.com/posts/4437?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
率直に申し上げて、酷い記事だと思いました。
第1にレズビアンのキャラであることを面白おかしく取り上げ、前時代的で、はっきり言って古臭い視点で書かれたものではないかと考えます。
ご存知だとは思いますが、海外ドラマにおいてはプリティリトルライアーズのエミリーのようなライトなものから、オレンジイズニューブラックのような本格的なもの、ジェーンザバージンのように悪役やコミカルなものまでさして珍しいキャラでは最早ないですよね。
第二に、『レズ』と記事中で連呼されていますが、『レズ』という言葉がかつて日本で当事者の同性愛者を迫害し、社会的に抹殺したことをご存知の上で使われたのでしょうか?
もちろん差別用語だから安易に使うなと言うわけではありません。しかし、このような好奇の目に溢れ、偏見を助長しかねないこの記事で軽々しく使うご覚悟がおありですか?
http://yuichikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1966.html
『レズ』に関しては当事者の方がまとめられたこの記事を是非ご参考になさってください。長いエントリーですが、佐良直美の顛末あたりまでで趣旨は充分伝わるかと思います。

AXNに伝えても良いのですが、直接まずお伝えするのが1番だと思い、
また、メールより公の場で応答するのがベターだと判断し、こちらに投稿させていただきました。
2度とこの様な読んで不快であり、目新しい視点のない記事は勘弁していただきたい。猛省を促したく文章にしました。
大の海外ドラマファンとして、また1人の(男性のですが)同性愛者としての意見です。
場をお借りできたこと、感謝します。
 

ティムバートンの映画

 投稿者:のむら(ハリウッド小僧)  投稿日:2017年 2月 6日(月)23時27分23秒
  ジョーさん。
僕もティムバートンの新作、観ましたよ!タイトルは覚えられてないのですが・・。
まあまあ面白かったと思います。エバグリーンもいつもの調子で安定してましたね。
そんなキャスティングなど、大人客も楽しめるように出来ていて感心しました。
 

Miss Peregrines

 投稿者:JOE  投稿日:2017年 2月 6日(月)21時32分35秒
  今度のティムバートンは面白い!って事で観て来ました!これってダークファンタジーなのかなぁ?
まぁエバお姉さまがいつも通りの冷たい演技?で見せて下さっておりました。この人 決して美人じゃないんですが何か惹きつける魅力持ってますよねぇー (笑)
 

レンタル掲示板
/88