teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


あ、最終日。

 投稿者:Stigma  投稿日:2015年 8月31日(月)00時37分27秒
  ということで、さっくりと補強指図。

GK
ツェフ取ったけど・・・オスピナじゃダメだったの?
違いは後ろへの安心感くらいだと思うが、それは作っていけるものだしなあ。
現状では当然取る必要はなし。

DF
左は、3人目がいないけど補強はそこではない。ディニュがローマに行った以上とる選手もいない。
右も、ベジェリン・ドゥビィシとチェインバースといるので左以上に不要。
真ん中は・・・当然最大の補強ポイント。
コシエルニの次はガブリエルで、まあ悪いとはいえないものの連携に不安がまだ見える感じ。
英語はしゃべれるようになったのだろうか。ブラジル人のCBの安定感のなさも不安要因。
メルテザッカーはもはや一流相手には無理。チェインバーズは先日見たところCBとしては放出要員。
じゃあだれか。バラン(レアルマドリー)!ウィリアムズ(スウォンジ)当たりが現実的かもしれないが。

MF
守備的な選手は第2の補強ポイント。
クリホヴィアク(セビージャ)やラース=ベンダー(レヴァークーゼン)が噂に上がっているが、守備的な選手といっていいのだろうか?
正直ミケル(チェルシー)でもいいような気がする。出してくれれば、だが。
3列目の前よりはラムジー・カソルラがいて、2列目はテオ・オックス・エジル・ウェルベック・サンチェス・ウィルシャア・・・いらないですね。

FW
ウォルコットが使えるならいらないと思ったが、故障癖の上に先日の試合では物足りなさしかなかったため、一人取るべきかもしれない。とはいえ、サノゴはローンだったはずだが、できる選手はサンチェスとウェルベック、キャンベルといるわけで、よっぽどの選手以外はいらないか。ベンゼマは・・・正直いらない。カバーニはいてくれるとありがたいが、高い金払って取るべきかといわれると疑問符。

結論:バランを強奪!あとはミケルを。
・・・ドイツあたりにもっといい選手いそうだけど。
 
 

15/16プレミア予想

 投稿者:Stigma  投稿日:2015年 8月 8日(土)20時44分7秒
  そして開幕直前、プレミア予想。

1、チェルシー
この予想、心の底から外れてほしいと願うものだが、他が優勝する未来が見えない。
この選手層で優勝できてしまうのははっきり言っておかしい。CLは早期敗退が濃厚だろう。
これがプレミアの現実。
2、マンC
相変わらず不安定だろう。いる選手をうまく乗せるという意味ではアンチェロッティでも招聘すべきだったのではないだろうか。
ペップとか夢見てもこの選手の陣容では冗談でも来ないと思う。とにかくわがままが多すぎ。
そこに来てスターリング獲得、ミルナー放出と完全に悪化。攻撃的なゲームが見られて面白いが、とはいえチームとして出来上がらないのは問題外。
3、アーセナル
先ほどの問題点のうち故障癖はどうにかなりそうだが、残り3つが改善の兆しもない。
GKの補強は朗報だがオスピナがもう少し育てばむしろ問題なくなるわけで、むしろバック4をどうにかすべきだった。
監督も変わらず、リーダーシップを取れる選手もいないとなれば、現状ほとんど進歩なし、という感じだ。
4、マンUtd
あいかわらず手当たり次第という金満ぶりを見せつけるが、重要なのは中盤底で捌ける選手とゲームも作れてスピードのあるCB。
補強ポイント違いませんか?まあ、そんな選手市場に出ていませんと言われればそれまでなのだが。
ファンハールもそろそろ批判を受けるとキレる、といういつもの悪癖をさらけ出しそうな感じ。
5、トテナム
守備陣中心の補強が好感触だが、ケインが1シーズン活躍できなかったときに最前線をどうするのかというのはソルダードですか?
プレミアで結果出てないけど大丈夫?アデバはヴィラといううわさもあるし。
粒でいえば上のチーム(とリヴァプール)には一歩劣る。やはりここしか・・・
6、リヴァプール
クラインやミルナーなどの渋い補強はいいものの、懸案の最前線はベンテケ・イングスと、ボールを集めてくれるチームで輝きそうな選手ばかり。1年で出したランバートとどう違うの?
GKもミニョレでいいのかという問題もあり、選手の偏在が非常に気になる。キャプテンもいなくなった。
出さざるを得なかったスターリングも昨年は活躍したわけで、穴埋めが下手なロジャースという評判が立ったら致命的。
7、エヴァートン
主力級が戻ってくれば、戦力は中位でも最上級だしここに戻って来れるのではないか。あとはルカクに復調してもらって。
新戦力はデウロフェウくらいで大きなインパクトはないが、故障者の復帰が補強、ということで十分この順位は狙えるはず。
8、WBA
最低限必要なのはピューリスが1シーズンいることとなるが、それさえ満たせば多少の戦力の差はなんのその、
どうにかしてしまう監督だ。このあたりはかなり僅差なため、守備を固めてベラヒノに攻撃を任せる方式は強豪相手でも戦える。
9、サウザンプトン
クラインやシュナイダルランなどを抜かれ、フォースターが故障と今年も見た目は厳しい。ステケレンブルクでGKは埋めたが、小粒感は否めない。
それでも、取ってきた選手がどうにかしてしまった昨シーズン。再現できるか。
10、ストーク
ヒューズが改造してきたチーム。うまくいかないかもと思ったがびっくりするくらいうまく適合してしまった。
選手はもともと結構なレベル。アフェライも加入し、さらなる上積みを図るがさすがに昨シーズンは奇跡だろう。
11、スウォンジ
ゴミスにアイェウとかここはどこですか感が強いが、ニューキャッスルも似たようなことしてた。
選手はそろってきたが、特に前線で安定感がない。シグルズション頼みのプレイは変わらないと思われ、抑えられた時の対策が。
12、ニューキャッスル
選手はそろっているだけに昨シーズンの二の舞はないとは思うが、とはいえ力押しができるだけのメンツもない。
シセ次第では得点力不足に、守備陣の乱れがあれば打たれ負けることも考えられる。マクラーレンは久しぶりの監督だが、近くのボロでは大活躍。期待していいのでは。
13、ノリッチ
前回降格した時のメンツが(2年しかたってないせいもあるが)だいぶ残っているために、面白そうだ。
降格の屈辱を忘れずに全力以上出してくれれば。戦力的にもそこまで低くなく、特に前線はウォルフスフィンケルなど質も高い。
14、クリスタルパレス
カバイエが加入というかなりのサプライズ。とはいえ、そこまで選手層が厚いわけでも質がいいわけでもないだけに、
パーデューがいい時はともかく悪い時にエラいことになる可能性はいつも通りおっかない。
15、サンダランド
選手の質量はそれほど悪くないが、飛びぬけているわけではないので監督力の勝負となる。アドフォカードは素晴らしい、
と言っている人たちがいるようだが、いい時もあるが外れるとどうしようもないキャラでは。バクチだと思う。
16、ワトフォード
ゴメスやカプエなど知っている選手もいるが、前の選手誰も知らない・・・中南米の選手がやけに多いのも気になる、
ただ、総合的にいえばスカッドのレベルは高い。またキケ=サンチェスの監督力は期待ができる。そのため、どうにか降格は免れるか。
17、ウエストハム
十分な戦力はあるはずだが、とはいえ、すでにビリッチはしくじっている模様。アラダイスが色をつけたチームをどうやって操るのか、
かなり難しいのだろう。一発でどうにかする選手がいるわけではないので、早速方向を変えないといけないだけ厳しいスタートに。
18、アストンヴィラ
デルフ・ベンテケと主力がいっぺんに抜けて補強は小粒。ベイル後のトテナムですか?といえば監督はシャーウッド。
ある意味うまくいくかも。とはいえメンツが弱く、さっさとアデバヨル取ってしまわないと得点不足がさらに悪化するかも。
19、レスター
カンビアッソがいなくなって、柱をどうするのか。スカッドみてもそんな選手がいない。
ラニエリも戦力が微妙なチームをどうにかするという能力があるようには思えない。実にあぶないのではないか。
20、ボーンマス
知ってる選手少なすぎてわからない・・・雰囲気も含めて厳しそうだが・・・

あれ?6位まで昨シーズンの順位と同じ?
本当はこんなこと言いたくないんだけど・・・
それでは。
 

年に一度の投稿日(ブラックジョーク)

 投稿者:Stigma  投稿日:2015年 8月 8日(土)15時22分6秒
  放置してきた14/15シーズンレビューです。

1、チェルシー(予想3位)
正直嫌いなチームなので予想が厳しいのはわかってはいるが、これだけ選手層の薄いチームに走られるのはリーグとしてどうか。
前半は自称攻撃的チームを装えていたが、後半になるとベタ引きとカウンターに対するファウルストップといういつもの戦術。
新加入がすぐになじんで活躍してしまったのが勝因だろう。

2、マンC(予想1位)
これだけの選手を集めて、むしろ不安定さは増すばかりという印象。かなりの格下相手にはやる気が出ず、
強豪相手にも思い通りの展開にならないといらいらするのは、集めた選手にも問題がありそうだ。
キャプテンのコンパニが怪我がちで引きしめ役が不在だったのが大きい。

3、アーセナル(予想2位)
前半の怪我人多発、後半の土壇場での調子下降、守備選手の質量不足、選手起用・交代の硬直性。
いつもの問題ではあるのだが、これが二つでも解決すれば優勝を狙えたはずだ。
それでもFA杯連覇を含めた上昇基調は、攻撃的選手を集めたおかげ。とはいえ、これはサポからすると複雑である。

4、マンUtd(予想6位)
パニックバイを含めた投資額はもはや悪い意味での銀河系。怪我人多発でも十分にその金使えばどうにかなったはずだが、
結局地味で重要な選手がいなくなると支えきれないというのは金満の歴史の轍にはまったかのようだった。
キングルイが解任されなかったのだけがかつての絶対王者の名残だろう。それ以外はすでに5年前とは別チーム。

5、トテナム(予想7位)
ケインが大活躍し、2年前までに買った選手の淘汰が済んでまあいるべき位置に落ち着いた印象。
とりあえずは安定政権となりいい方向に進んでいるが、順位もCL枠外に落ちついてしまった感じである。
セインツでは実力以上の順位を叩き出したポチェッティーノだが、このチームでは難しいのか。

6、リヴァプール(予想5位)
スアレスの穴、埋められず。予想のときに書いたとおりベイル亡き後のスパーズさながらの外れの多い補強だった。
スタリッジの不在も大きかったが、いたらどうにかできていたとも思えない。
結局、スアレスの攻守にわたる奮迅がこのチームのすべてだったと結論付けざるを得ないというシーズンだった。

7、サウザンプトン(予想18位)
本当に申し訳ない。フロントには実は問題がなかった。そして強豪ではないのでクーマンに批判も向かなかった。
というかシーズン通して不満が出る素地がなかった。そしてチームは思った選手を獲得して思った通りの編成をし、
思った通りの順位を獲得。気になるのはペッレの調子の波だけだろうか。

8、スウォンジ(予想11位)
若手監督として名を挙げたモンク。選手のレベルが高いのはまあその通りとして、それを使いこなせるレベルの監督だった。
ファビアンスキがなかなかできなかったシーズン通しての活躍をできたのも大きい。
そして、ボニー移籍の対処をしっかりできたのはやはり監督力。称賛すべきだろう。

9、ストーク(予想9位)
ここも選手のレベル並みの順位。ヒューズがこのチームとうまくあったのは結構重要。
獲得した選手が正直ぱっとせず、ボージャンが絶好調時にケガと転がり落ちる要素は多くあったが、選手のポテンシャルと
監督の対応で崩させなかった印象。ベゴビッチ・アダム・クラウチと軸になる選手がいたのも理由だろうが。

10、クリスタルパレス(予想19位)
ウォーノック時代は正直悲惨だったが、パーデューがまさか、という感じ。まあ、乗ったチームをさらに乗せるその実力は
ニューキャッスルでも折り紙つきだし、いい目が出たといえばそれまでなのだが。開き直ったんだろうか。
選手だけでいえば降格してもおかしくないレベルだったので、やはり監督って偉大。よく動いたよね。

11、エヴァートン(予想4位)
最初の大コケがかなり響いた。攻守ともに平凡な成績で、主力級の怪我とルカクの思ったよりも低調なプレイが影響した。
若いと思っていたが守備的選手の高齢化も原因の一つだろうか。そしてチームとしてのまとまりが欠けていたようにも思う。
まあ調子の悪いチームにはありがちといえばそれまでなのかもしれないが。

12、ウエストハム(予想14位)
安定のアラダイスフット。まあ思ったよりも攻撃面でいろいろやっていたようにも思えるが、結果を見ると堅い。
キャロル不在で高い選手がいなかったせいでいろいろやらざるを得なかったのかもしれないが。
そうなると、アラダイスは欲しい選手をとってもらっていなかったのでは?いる選手でやりくりできる監督のようだ。

13、WBA(予想15位)
ここはただ一つ。アーバインを切った際にピューリスをとってきたこと。
選手ではもう一つな陣容だったが守備面重視の人選びがピューリスを呼べた理由の一つとも考えられる。
しかし、ピューリスといいパーデューといい、監督交代後の急上昇がすごかった。

14、レスター(予想17位)
ピアソンがシーズン通してどうにか形を作った。信じれば、の典型例。逆のほうが多いが。
逆にそれほどに選手の交代がなかったにもかかわらず長いことまとまらなかったのはどういうことなのだろうとも。
良くも悪くもカンビアッソ頼み。そんな印象だった。

15、ニューキャッスル(予想8位)
ここは当然パーデューを出したこと、そして後任が・・・パーデュー放出は今までの経緯をみるとある意味仕方ないが、
やるならちゃんと後釜決めてからやれよという感じはする。これもワンマン会長の暴挙だろうか。
正直、落ちちゃえばよかったのにと思わなくもない。

16、サンダランド(予想13位)
戦力通りの結果を出せなかったノースイーストのチームその2。やっぱりポジェは駄目だった。
アドフォカードも悪い時はさっぱりの監督なので落ちると思ったら普通に残った。まあ、戦力考えれば当然だが。
控えも含めて見知った選手ばっかりだし。

17、アストンヴィラ(予想12位)
過大評価だったですかね?とはいえ、このチームも不安定な選手が多いとはいえ決して戦力は低くなかったが。
ランバートが去ってザ・モチベーターといった様相のシャーウッドが来て持ち直した・・・とはいえこの順位では。
チーム構造をいったんひっくり返さないとこのあたりか降格か、という厳しい二択を迫られそうだが。

18、ハル(予想16位)
ピューリスが来るかなーと思って予想してみたが来なかったのでここで終わりました。
やっぱりフロントがドタバタしてると現場にも影響が出るね。
レスターやパレスよりは戦力はあったと思うが、監督が単調過ぎる戦術の持ち主ブルースでは、やはり・・・

19、バーンリー(予想20位)
・・・前回を再現したら落ちちゃうんだよね。選手の個々の能力で出来ることが少なかった。
監督ダイチもまあ特別な監督ではなかったということだろう。まあそれでも善戦はしたと思うが。

20、QPR(予想10位)
結構な戦力を使いこなせず、レドナップは逃走、後任も見つけられずに降格。
ここはフロントが騒ぎを起こしたという話は聞かないのだが、アジア系だけに舐められたのかもしれない。
金はあるのだから現代フットボールに適合した監督を招聘してやり直しですな。現時点でヨーヨークラブという名称が最も似合う。

結果も不満だが、全体の安定感とかをもう少しどうにかしないとリーグ全体が凋落するぞ。
これだけの金かけてCL出場枠3とかになったらやっていけないでしょ?
リーグももう少し考えて構成しないと・・・見捨てられるよ?
シーズン予想はこの後すぐ!それでは。
 

プレミア開幕。

 投稿者:Stigma  投稿日:2014年 8月16日(土)20時32分41秒
  今日開幕。よって今日やれプレミア予想。


1マンC
 今期はそれほど動いた感じはしないが、優勝したチームにカバジェロやサニャなどを加えた。
 普通に考えればここが優勝候補だろう。もう少し選手がほしいというのは贅沢だ。
 ただ、アグエロの怪我とか、選手に忍び寄る高齢化の影とか不安要素もなくはない。

2アーセナル
 サンチェス・オスピナ・ドゥビュシ・チェインバースと今年も大型の補強が見られる。
 しかし、サニャ・ヴェルメーレンと抜けたバックラインには不安が。CBは取るそうだが。
 守備的MFをうまく使ってほしいとか、怪我人をどうにかとか言いたいことは多いが、
 フィジカルコーチを換えたことがプラスに働くと思われる。

3チェルシー
 目玉はおそらくディエゴ=コスタだろうが、プレミア適応能力は未知数。
 怪我も気になるし、活躍するかは不透明。現状、補強で確実そうな選手がいないので、
 出した選手を考えるとポジションごとにばらつきがある印象。さて。

4エヴァートン
 若手が育ってきたうえに、ルカクが完全移籍。活躍が見込まれる。
 それ以外の出入りはあまり目立たないが、選手たちが昇り調子。他が躓くと、
 気がついたらこの位置くらいにいそうな。

5リヴァプール
 スアレスを失った、それに尽きる。あとはCL負担もあり、
 代わりに入った選手は数うちゃという印象でベイル亡き後のスパーズを思わせる。
 昨シーズンほどの躍進は期待できないか。

6マンUtd
 これは失敗した時の順位。ファンハールは周りとの軋轢がつきもの。それがこじれると・・・
 最初から最後までいい結果を出せれば逆に頂点も狙えるが、長いシーズンそんなに簡単にはいかないだろう。
 3バックも負けが込むと批判の対象になりそうだし、こちらの可能性のほうが高そうだ。

7トテナム
 チームに大きな変化はないが、あの大量補強のいくつかが今期に芽を出すと危険。
 しかし不確定要素が多く、そんな中最初の補強がフォルムってどういうことだろう。
 ポチェッティーノが来たんだからセインツの選手取ればいいのにね。

8ニューキャッスル
 このチームも浮き沈みが激しいが、今期も活躍しそうな選手を何人か釣り上げた。
 パーデューはいつも通りだと思うので、純粋に戦力でいえばこのレベル、ということ。
 中位を狙えそうなほかのチームがちょっと不安が多い・・・

9ストーク
 意外にも選手のレベルは高いこのチーム。ヒューズには不安はなくはないが、
 昨シーズンにある程度形にしたところを評価してのこの順位。
 ディウフやシドウェルなどの補強はそれなり。

10QPR
 そもそも落ちる陣容ではなかった2シーズン前、昨シーズンにぜい肉を落として、
 今シーズンもベテラン補強は変わらずだが、イスラ加入はちょっとびっくり。
 戦力面では中位安定、レドナップの二面性はきになるところだが・・・

11スウォンジ
 監督はかなり疑問ではあるが、出て行ったのが昨シーズン戦力でなかったミチュ、
 フォルムは多少不安だが、ゴミスやらJモンテーロやらを補強して戦力もそろった。
 残留争いはしたくない陣容だ。

12アストンヴィラ
 ベンテケは取られるような成績ではなかったため、またフルシーズン動けばもっと上も目指せる。
 そもそもこのチームも中位は目指せる陣容であり、昨シーズンはベンテケに頼り過ぎた。
 ランバートが同じ轍をまた踏むとは思えない。

13サンダランド
 大脱出を決めたポジェだが、そんなに苦労するような陣容ではなかったと思うので、
 変な勢いがついていない状態で始められる今シーズンが腕の見せ所。
 とはいえ、パンティリモンやファンアーンホルトなどの補強は期待を持たせない。戦力はあるが。

14ウエストハム
 モリソンは捕まるし、キャロルはしばらくいないしであまりいいことがない。
 ただ、キャロルの穴はバレンシアである程度埋まった。昨シーズンのような対策なしで
 挑む状態とは違うので、安定のアラダイスフットボールが見れると思われる。

15WBA
 正直、選手は小粒。補強も目立ったものはないし、おこぼれのような選手が来た印象。
 以下のチームの印象がよくないため、どうにか残留はできそうだが、監督も含めて
 実力を発揮してくれないと必ずしもこの順位も約束できない。

16ハル
 なぜロング出した?これは大きなダウンだ。補強はトム=インスが目立ったが、
 活躍するかどうかは未知数。もしかしたらこのチームにピューリスが来るかも・・・

17レスター
 そこそこに知られた選手がいるが、もう少し補強は必要か。落ちたチームからかき集めないのか。
 監督はビアソン。経験はあまりないが、前回は確か・・・選手とけんかしたっけ?不眠症とか。
 ここもピューリスを狙いそうな感じもあるが・・・

18サウザンプトン
 上層部にガタガタが酷い。クーマンも善し悪しがはっきり出るので、これだけの入れ替えがあると
 最初から批判が向いてどうしようもないことになりかねない。
 昨シーズンのカーディフとフラム。両方ともフロントから崩壊したチームだが。

19クリスタルパレス
 なぜピューリスを手放した。すべてはこれ。
 昨シーズン残ったのはだれのおかげだったか。それを考えればこの予想もわかるだろう。

20バーンリー
 ちょっと知ってる選手が少なすぎる。
 前回のプレミア挑戦を再現したいところだが・・・

今シーズンはよくわかりません。正直、選手は大きく動くし、上位の混戦は激しくなるし、
どうなることやら・・・それでは。
 

プレミアシーズン回顧

 投稿者:Stigma  投稿日:2014年 8月 4日(月)02時18分7秒
  1、マンC(予想1位)
ここまで他に迫られるとは思わなかったところ。正直守備が・・・
来シーズンは2シーズン目でやり方にも慣れただろうし・・・とはいえ、大型補強ができないのはいままでのシティらしさを失う結果になるか。
2、リヴァプール(予想5位)
予想外の出来。守備の不安は予想的中だが、スアレスがすごすぎた。でもまあ、ここで優勝できないと・・・
CL参加、スアレス移籍とまたも大波が来るが、やはりここで優勝しておきたかった。
3、チェルシー(予想2位)
まあ上とそんなに離されたわけではないが、これだけ金をかけたチームに見合う中身でもないし結果でもない。
彼の本領発揮は2シーズン目からだとよく言われるがさて。
4、アーセナル(予想4位)
エジルにびっくり。しかし、最大の問題は、選手を固定化しすぎて疲労で失速したこと。
特に2列目は分厚い陣容だっただけに、ターンオーバーとかヴェンゲル知ってますか?という疑問も。
怪我も多かったが、メディカルを入れ替えたらしいので、スタジアムの借金返済も含めてそろそろ復権が望まれる。FA杯は取れたけど。
5、エヴァートン(予想9位)
マルティネスは金があればもっとやってくれる、ということを見せつけた。CLも見える位置に。
モイーズの守備面での遺産がなくなる今シーズンがマルティネスの真価が問われるところだ。
6、トテナム(予想6位)
酷かったといわれるシーズンだったが、まあここなら及第点だろう。ベイル頼みを脱却するにはさすがに時間が必要だ。
問題なのは、ベイルの金をつぎ込んだ補強が片っぱしからスカだったこと。とはいえ、すぐには威力を発揮しない補強はこのチームの十八番。
ビラスボアスもシャーウッドもまあがんばったといっていいのでは。
7、マンUtd(予想3位)
まさかモイーズがここまでしでかすとは・・・巨大チームを率いる器量はなかったのか、内部(後ろでにらみを利かせる前任も含めて)に敵がいたのか。
マクラーレンやカービッシュリーを思い出させる。
8、サウザンプトン(予想14位)
ポチェッティーノの手腕は素晴らしかったが、会長交代あたりからあやしい感じに。
すでにチームは見る影もなくなってしまった。攻守のバランスの取れたいいチーム「だった」。
9、ストーク(予想18位)
これはヒューズに謝らなければならないだろう。とはいえ、大事なところでピューリスの遺産に頼っていたようにも思うので、マルティネスと同じように今後がカギになるか。
実際、言うほど攻撃的でもなかったと思うし。
10、ニューキャッスル(予想10位)
戦力的には中位安定のはずだが、ジェットコースターとでもいうべき浮沈が激しいシーズン。
パーデューはまあ、勢い任せのチーム作りだよね。戦術もほとんど見えないし。
11、クリスタルパレス(予想17位)
ピューリスの力は恐ろしい。戦力的に厳しいチームを現実的な構築で何とかしてしまった。
個人的には応援していたホロウェイがかなり悲しい結果に終わってしまったのは残念。
12、スウォンジー(予想15位)
ラウドルップでよかった気もしますが。モンクはこれといって特徴が見えませんなあ。
最終順位は悪くはなかったものの、迷走していたように見える。ただ単にELが負担だっただけだと思うのだが。
13、ウエストハム(予想7位)
キャロルが働かないせいでかなり厳しい展開に。最後はどうにか持ち直したが。
正直、なにもないシーズンに終わった感が強い。
14、サンダランド(予想8位)
やっぱりディカーニオはアレでした。ポジェが立て直したというが、メンタル面はともかく選手層はもっと上位にいるべきメンツだっただけに、ここまで時間がかかったのはどうかとも。
15、アストンヴィラ(予想13位)
ここももう少し上にいてもいい感じだったが・・・ベンテケ頼みは脱却できずか。
ランバートってもっと柔軟な戦術を組める監督だったと思ってたんだけど。
16、ハル(予想19位)
なんか退屈な試合やってんなとまあブルースの通常運転。残したから任務はまっとうしたので回りがとやかく言うべきではないのかもしれないが。
しかしその功績はイェラビッチやロングを1月に取ってきたフロントのものではないかと思う次第で。
17、WBA(予想11位)
まさかここまでひどいことになるとは。前線に不安があってしかもアネルカが、といってみたところで得点力はそこまで悪くなかったわけだし、結局いろいろな意味でゴタゴタしすぎ。
18、ノリッチ(予想16位)
取った選手が片っぱしから活躍しなかった。トテナムほどならまあどうにかなるが、このチームがそれではやっぱり結果は降格だ。
こちらはフロントが責を負うべき降格だと思うけど。どうです?デリア・スミスさん。
19、フラム(予想12位)
経営レベルでゴタゴタしすぎた。ヨルもおかんむりだろう。前の白いところでもこんな感じでやめてるけどね。
マイケル・ジャクソン像を撤去したたたりとも言われているが・・・純粋にプレイできる環境でなかった、ということではないかと。
20、カーディフ(予想20位)
まあ、オーナーが悪い意味で目立ち過ぎ。選手も監督もファンもかわいそうだ。
こういうのが残ると勘違いがはなはだしくなるので、彼らには悪いがこの結果でよかったのだろう。ハルも大概だが。

シティやリヴァプールなど、攻撃的といっていいチームが上位につけられたのはいい傾向だったと思います。2週間後の今シーズンもこの流れで・・・
予想は直前に。
それでは。
 

W杯結果

 投稿者:Stigma  投稿日:2014年 7月22日(火)01時15分54秒
  予想したフランスを破ったドイツが優勝。
当然予想は外したわけですが、まあ個々の結果で見るとそれなりにいい予想はしていたと思います。
点は思ったより入ったのですが、面白さという点では予想した通り。直前の欧州CLみてればだいたいのトレンドはわかってしまう時代ですね。まあ、正直劣化ですが。
中継については、民放は酷く叩かれていたようですが、今回目に余ったのはNHK。勝手にチャンネル変えたり、解説が感想いうだけだった李実況がみてるものを実況できてなかったりとまあひどい。
前後のスタジオトークをすべてぶった切ればまだ民放のほうがましだったと思うんですが。
プレミア中継何年やってるんでしょう?もう二度とフットボール中継にかかわってほしくないです。

まあ、それでもドイツ優勝という結果はよかったと思いますけど。
 

GL結果。

 投稿者:Stigma  投稿日:2014年 7月 5日(土)00時50分25秒
  グループA
1ブラジル
2メキシコ
3クロアチア
4カメルーン

クロアチアとメヒコをミスった。今のクロアチアには強豪に対抗する力はなかったか?


1オランダ
2チリ
3スペイン
4オーストラリア

スペインをしくじった。確かにCLなど見てもパスフットボールは衰退期だとは思ってたが、それでもここまでになるとは思わなかった。
ファンハールにしてやられてその流れでこうなったということか。


1コロンビア
2ギリシア
3コートジボワール
4日本

ギリシアとコートジボアールが逆に。ギリシアが身体能力に勝るアフリカのチームに勝てるとは思わなかった。運もあるがもう少し頑張れたのでは?


1コスタリカ
2ウルグアイ
3イタリア
4イングランド

コスタ・リカのサプライズに翻弄された。初戦で勢いに乗ったのが勝因か?
ネーデルといい現実的なフットボールするチームが勝ってる大会だなあ。


1フランス
2スイス
3エクアドル
4ホンジュラス

的中。展開も思った通りだった。フランス強かったね。


1アルゼンチン
2ナイジェリア
3ボスニア
4イラン

ナイジェリアとボスニアをミス。まあ、僅差だったし仕方ない。ひっくり返ってもおかしくはなかった。


1ドイツ
2アメリカ
3ポルトガル
4ガーナ

アメリカの底力を見誤った。まあ、危惧していた通りともいえる。


1ベルギー
2アルジェリア
3ロシア
4サウスコリア

ロシアとアルジェリアが逆転。ロシアリーグのレベルの低さはわかってたはずなのに・・・


上で書いたようにパスフットボールの終焉と現実的なカウンター戦術が席捲した。
北中米カリブ3チーム、アフリカ2チームは躍進か。アジアはすべて最下位。まあ、このレベルだろう。
攻撃をチームで行う戦略はもう過去のものなのか?面白い試合が少ないぞ。
上のほうはもう少しましな試合をしてほしい・・・それでは。
 

決勝トーナメント、今から見ます

 投稿者:Stigma  投稿日:2014年 6月29日(日)12時52分49秒
  とりあえず、1回戦2試合は終わってしまったけれど、まだ見ていないのでセーフということで予想。GL結果とかは後回し!

○ブラジル=●チリ
面白い試合にはなるだろうが、さすがにタレントの違いとホームの地の利を生かして
ブラジルが勝つと思う。

○コロンビア=●ウルグアイ
普通にできたらウルグアイのほうがやや上な感じだが、なにせスアレスが噛みついちゃったし。
こういうごたごたを吸収できるチームではないように思うので。

○オランダ=●メキシコ
恥も外聞もないフットボールで快進撃。メヒコは相手としてやりやすいタイプではないだろうか。

●コスタリカ=○ギリシア
ノーマークのコスタ=リカがここまで残ったのは称賛すべきだが、警戒された上でガッチリ守備のギリシアは相手が悪い。
ひっくり返ってもおかしくはないが、ガン引き同士の試合は面白さはどうだろう・・・

○フランス=●ナイジェリア
2回に1度のフランス、リベリなしでも十分強かった。
フランスは選手たちも(リーグ1に多いので)アフリカ選手の対応はわかっているので、ここは順当か。

○ドイツ=●アルジェリア
主流フットボールからやや外れた感のあるドイツだが、磨かれたパスフットボールは強烈。
アルジェリアはやや幸運なグループに入った感もあり、差は歴然と見える。

○アルゼンチン=●スイス
メッシがシーズン中力を温存していたのではないかという言われ方をするほどに好調。
地力の差が違いすぎる・・・

●ベルギー=○アメリカ
個々の選手の不安定さが隠しきれないベルギー。アザール次第か。
アメリカのきついあたりに耐えられるだろうか。厳しいと見る。

○ブラジル=●コロンビア
コロンビアは攻撃偏重のタレントだが、ブラジルはオールポジションタレントぞろい。
少し現実味のあるフットボールに舵を切ったブラジルは確かに強い。ここはやはりこうか。

○フランス=●ドイツ
ある意味では決勝Tでも有数の見ごたえのある試合になるか。
パスフットボールはもう完全に対策を立てられているので、地力が近い相手だと厳しい。

○オランダ=●ギリシア
選手能力に加えて戦術まで兼ね備えたオランダがこの相手に不覚をとるとは思えない。

○アルゼンチン=●アメリカ
アルゼンチンにとってやや苦手な相手と思えるが、それでも攻撃の厚さに軍配を上げたい。
前回と違って守備もそれなりにできているし。まあ、タレントは前に偏っているが。

●ブラジル=○フランス
ここまで来ると予想は難しいが(こうなるかもわからないし)、個の力に過剰に頼っているブラジルより、
戦術的にもまとまっているフランスに軍配を上げたい。

○オランダ=●アルゼンチン
上の試合と似たような理由。しかし、南米大会でヨーロッパが優勝したことはないはず・・・
よそうとはいえこれでいいのか?

○フランス=●オランダ
戦術面では完璧同士なので、あとはタレント。オランダはうしろがよわいので。


ということで、優勝はフランス!おめでとう!
・・・いいのか、ヨーロッパ優勝とかして。過去の実績を見ると・・・
決勝Tは面白くなってほしい!
それでは。
 

金曜からW杯。あまり過度な期待はせずに。

 投稿者:Stigma  投稿日:2014年 6月10日(火)22時45分3秒
  今回もやりますW杯GL予想!プレミアの結果は後回し・・・

グループA
1ブラジル
2クロアチア
3メキシコ
4カメルーン
順位予想はつまらない感じ。やっぱりブラジルの選手は質量ともに最強。
クロアチアは一気に戦力を増強してきた。メキシコは新たなメンバーがあまり見られない。
カメルーンは・・・出なかったりして。

グループB
スペイン
オランダ
チリ
オーストラリア
最下位は揺るがないにしても、残り3チームはどうなるかわからない。それでも、やはりユーロなどで結果を出している
スペインはここか。オランダの前後のバランスの悪さは不安材料だが、チリも似たりよったりか。そうなれば得点力で
オランダ有利か。ファンハールが余計なことしなければ。

グループC
コロンビア
コートジボアール
ギリシア
日本
マラドーナ予想といっしょ。日本は苦手なタイプのギリシアといっしょになってしまったのが痛い。
個人技や総合力で残り二つにも勝てそうな感じはしない。コロンビア有利はファルカオ不在でも攻撃的選手の層は
十分なため。コートジボアールも有名選手満載。実は結構堅いんじゃないかな?

グループD
ウルグアイ
イタリア
イングランド
コスタリカ
予選はいつも苦戦するウルグアイだが、スアレスカバーニに加えて実力派選手を多く擁し、堅守速攻にカスタマイズされた
チームはこのグループでも十分強い。イタリアもいいゲームをするようにもなって、芯もユーベでそろえられる。
イングランドはルーニー次第。監督の采配も含めて相当厳しい。コスタリカは・・・突破できる目はほとんどないか。

グループE
フランス
スイス
エクアドル
ホンジュラス
今回もしくじるか、フランスといったところだが、プラティニの政治力か恵まれたグループに。監督はデシャンで
前回のような問題噴出とはならないだろう。リベリが不在も選手層は圧倒的。あとは、ホンジュラスが厳しいため
スイスとエクアドルだろうが、高地アドバンテージを失ったエクアドルは本選ではあまり目立たないため・・・

グループF
アルゼンチン
ボスニア
ナイジェリア
イラン
攻撃に偏り過ぎなタレントのアルゼンチンだが、急伸するボスニアと比しても全体的にレベルが違う。
ボスニアは面白い選手が多く、ナイジェリアのこれも前線に偏重なタレントで食い止めるのは難しい。
直接対決次第だろうから、GKのエニェアマがどこまで頑張れるかで、ひっくり返る可能性はあるが。

グループG
ドイツ
ポルトガル
ガーナ
アメリカ
ドイツは質量ともにすさまじい選手層。3つで2位を争うことになりそうだが、もっとも戦力のあるポルトガルは
絶好調Cロナウドだけでなく、中盤にもモウチーニョなどタレントが増えてきて、構成力も追加されたために
やはり2位に入りそうだ。ちょっと古めの名前ある選手がそろうガーナに対してアメリカはかなり小粒になってしまった。
とはいえ、本選でなぜか猛威をふるうUSAを甘く見るのは危険。気になるグループではある。

グループH
ベルギー
ロシア
アルジェリア
サウスコリア
旋風を起こすとみられるベルギーだが、正直アザール以外がみな調子を落としている印象で、ここは突破できるとしても
次であっさりとなりそうだ。ロシアはリーグが落ち目で新しい見どころの選手が不足の印象。それでも2位は確保できそうだ。

うーん、アフリカ1、アジア0で南米4以外はヨーロッパという予想。あまり面白味はないですね。
正直グループリーグはユーロのほうが面白(禁句)
 

え、うそ?

 投稿者:Stigma  投稿日:2013年 8月11日(日)22時59分18秒
  ルイス=グスタヴォ獲得?
素晴らしい!ジウベウト=シウヴァの再来を!
 

レンタル掲示板
/4